• ホーム
  • モーニングアフターピルによる脱毛効果と太る可能性

モーニングアフターピルによる脱毛効果と太る可能性

2020年02月23日

モーニングアフターピルは女性ホルモンの量を増やす作用が強いので美容サロンなどで脱毛をした場合に効果が出ない可能性もあります。
しかし、モーニングアフターピルに関しては女性ホルモンの量が増えるだけなので髪の毛が急激に増えてしまうことがないので、基本的には美容サロンなどでの脱毛は心配する必要がありません。

またモーニングアフターピルに関しては脱毛だけでなく太るとも考えられていますが、体が妊娠中と同じ状態になっているので、食べ過ぎてしまうことが多くなったり、むくみが起きることで太ってしまうので、これらの原因をしっかりと把握して日常生活の中で気をつけておくと太ることはなくなります。
モーニングアフターピルなどによって太る場合にはカロリー制限をすることで予防をすることができます。
またモーニングアフターピルに関しては1度服用するだけなので短期的に食欲が増すだけなので太ることはほとんどありません。
しかし低用量ピルを常用している場合には妊娠中と同じ状態が継続しているのでカロリー制限をしないと太ってしまいます。
女性の場合は一度太ってしまうと減量するのが難しいのでピルを服用している場合にはカロリー制限をして食べ過ぎないようにしなければなりません。

むくみに関しては軽い有酸素運動をしたり、ふくらはぎに筋肉を付けることで十分に予防することができるので、ピルを服用する場合にはセルフコントロールをしっかりとして体重を増やさないようにしなければなりません。
モーニングアフターピルは女性の体内で作られているエストロゲンと黄体ホルモンの分泌を増やすので体のホルモンバランスが変化するので食欲増進が強くなり、結果として体重が増えてしまう事になります。